ブログ

新築時の収納スペースは広さよりもアレ。重視すべきポイントとは⁈

新築やリノベーションを計画するときに後回しにしがちなのが、収納スペースです。

LDKの広さや部屋数の確保を優先するあまり、使い勝手のいい収納スペースをつくれないことがあります。

たかが収納、されど収納。使い勝手のいい収納スペースがない家では家事がしづらく、もちろん家は片づきません。

とは言え、収納スペースの確保ばかりを優先すると、これまた、快適とはかけ離れた間取りとなってしまうでしょう。

このように、意外と奥深い収納スペースの世界。今回はそんな新築時の収納スペースの考え方についてご紹介します。

 

収納スペースはどう考えるべき?広さはどれぐらい必要?

用途に合わせて空間を活用できるようにするのが、収納スペースの役割です。

家族がくつろぐリビングや熟睡したい寝室は広々と活用できるよう、日頃あまり使わないものが溢れ出ている状態を防ぎ、使いたいときにさっと取り出せる状態をつくることが収納スペースの役割です。

となれば、闇雲に広さを確保する必要はありません。

どこに、どのように設けるのかはかなり重要なポイントです。

使う場所から離れた蔵のようなところに設けると、仕舞うのも出すのも大変です。

また、ざっくりと広い収納スペースだと、どこにどのように収納したのかも忘れてしまい、使う時にすぐに見つかるかどうかも怪しいもの。

つまり、収納スペースを考えるにあたりポイントとなるのは、広さではなく使い勝手。

どこに、どのように設けるのか。そのための必要なポイントをご紹介していきましょう。

 

使う場所に、使いたい時に、仕舞う物のサイズに合わせて、が最強

新築時に計画する収納スペースは蔵ではありません。

蔵は「お蔵入り」という言葉もあるように、世間の目に触れないまま棚上げになる状況を指します。

もちろん、蔵のようなスペースを必要とされる方もおられますが、一般的な収納スペースは用途に合わせた空間活用のために設けるものですので、仕舞うだけではなく活用することを目的に設置すべきです。

そこでお勧めしたいのが、ご家族のライフスタイルから考える生活動線に沿って収納スペースを計画すること。

使う場所に仕舞えて使いたい時にサッと出して使えるように、壁面を活用するなど、それぞれの空間に設けるのがポイント。

収納スペースの内部も、仕舞うものに合わせて変えられる可変棚があれば最強です。

 

デッドスペースはなくすこと。階段下は収納スペースがおススメ

アイアンや木で造作したスケルトン階段は空間のアクセントとしても映えますし、カッコイイですね。

スッキリとしたデザイン、圧迫感のない軽やかな印象は魅力的ですが、片づく家を優先するなら、階段下は収納スペースとして活用されることをお勧めします。

階段下は、下は低く、上に向かうほど高くなる、勾配がつくという制限はあるものの、一定の空間スペースが確保できるため、収納スペースには最適。

高さに合わせて設置できる可動棚を活用することで、細々した生活雑貨の収納、家族みんなの本棚、コートクローク、災害を見据えた備蓄庫などにも最適です。

中にコンセントをつけることで、スティック掃除機の充電スペースとしても使えます。

お掃除ロボットの基地スペースとしても便利です。

 

段差を活かした収納。小上がりの畳スペースの下は引き出し収納に

ダイニングテーブルやソファでくつろぐLDKが主流ですが、「畳にゴロン」も良いものです。

リビングの一角に床の高さを上げた小上がりの畳スペースをつくると、空間に奥行きや立体感が生まれ、楽しい住まいとなります。

床が上がっているため、段差部分はベンチのように腰掛けることができ、段差の中は収納として利用できます。

出し入れの方法は、畳を持ち上げて利用したり、引き出し式にしたり。

日頃使用しない来客用品やシーズンオフのアイテム、思い出の品々の収納に適しています。

 

もっと収納がほしい!という方には、床面積不算入の小屋裏収納やロフトも

天井と屋根の間のスペースを収納として活用する方法もあります。

建築基準法では、小屋裏収納の面積は下階の床面積の2分の1未満、天井高は1.4メートル以内と規定があるため、条件の範囲で小屋裏収納やロフトをつくり、プラスアルファの収納スペースを確保しましょう。

建築場所によっては、市町村の条例などで制限が付加されるケースや緩和されるケースがありますので、依頼先の工務店の担当者に相談してみましょう。

 

まとめ

アイデアで、使いやすい収納スペースができる新築、リノベーション。

いろいろ考えるけど、まとめられない、プロのアドバイスがほしい、という方は、依頼先の担当者や設計士に相談してみましょう。

「こんなこと言って大丈夫かな」と思う必要はまったくありません。

もしも、こちらの質問にしっかり向き合わせずうやむやにしたり、はぐらかしたり、ちゃんとした回答がなかったりするなら要注意です。

「別の工務店に依頼した方が良いのかも」「もっといいアイデアはないかな?」「ほかの会社の意見も聞いてみたい」という方はぜひ、お気軽にご相談ください。

2022.07.28

お気軽にお問い合わせください!

06-4303-5610

関連記事

COMPANY
しんやま工務店
〒536-0023 大阪府大阪市城東区東中浜1-4-14
TEL 06-4303-5610
FAX 06-4303-5632