しんやま工務店 SHINYAMAしんやま工務店 SHINYAMA

お気軽にお電話ください 簡単予約

ブログ

新築住宅の基礎工事の流れと注意点!城東区でのマイホーム作り

家づくりにおいて、建物本体や内装、家具などに目が行きがちの方が多いはず。マイホーム全体を支える基礎は、地味ですが建物全体の強度やバランスに影響する重要な部分です。

長く住み続けるためには、建築の基礎づくり段階から積極的に関わっていくのがおすすめです。今回、基礎工事の重要性と工事の進め方、チェックポイントまで詳しく解説します。ぜひ基礎工事についての知識をマイホーム建設に活かしてください。

新築基礎工事の重要性

建物の基礎は、建物全体の荷重を支える土台となるため、家づくりにおいてとても重要です。基礎がしっかりしていない場合、建物全体のバランスが不安定になり、補修工事も非常に難しくなります。

基礎工事は、測量や配筋、コンクリートの打設などを行う、熟練の技術が要求されます。今後、数十年という長い時間を過ごす住宅で安心して生活するために、基礎の知識を知り工事内容を把握しておきましょう。

基礎工事の流れ

基礎工事は、「布基礎」と「ベタ基礎」の2種類に分類されます。

布基礎は建物の柱や壁に沿ってコンクリートを流し込む工法です。柱や壁にかかる圧力を分散させやすいものの、湿気の影響を受けやすく、カビや白アリが発生しやすいという欠点もあります。

対してベタ基礎は、建物の床面全体を鉄筋コンクリートで作った枠(基礎)で支える仕組みです。安定感と耐久性が高く、湿気や白アリの影響も受けにくいため、最近の一般住宅ではベタ基礎の採用が主流となっています。

ベタ基礎を参考に、一般的な基礎工事の流れを見ていきましょう。

 

地盤工事

基礎工事の前に地盤を調査し、軟弱な地盤だと分かると表層改良が必要です。

土地を掘り返しセメント系の固化材と一緒に撹拌することで、地盤を固めていきます。軟弱地盤が深い場合は、柱状のセメント材を杭のように地盤に挿入する工法です。

 

地縄張り
土地のどの位置に建物(基礎)を作るのか分かるように、縄やロープを使い地面に線を引いていきます。地縄によって、実際の建物の全体像が決まるため、簡単そうに見えて重要な作業です。

 

根切り〜捨てコンクリートの流し込みまで
根切り(掘削工事)…基礎の底に当たる部分まで、パワーショベルを利用し土を掘ります。

砕石を入れる…細かく砕いた石(砕石)を地面に敷き詰めて、地盤を固めます。

捨てコンクリートの流し込み…砕石の上に除湿シートを敷き、捨てコンクリート(捨てコン)を流し入れます。捨てコンは、建物の基準線を引くための墨出しと呼ばれる、基準線を引く作業を行うために必要です。

 

配筋工事と検査まで

墨出しを行い、建物を建てる位置を確認し線に沿って、基礎全体に鉄筋を組んでいきます。配筋作業は、鉄筋の配置や本数、間隔、高さなどの基準を守り作業を進める必要があります。

配筋工事が終わると、配筋検査の資格を有する建築士などにより、配筋の検査を実施。配筋検査は自社で行うことが多いですが、地域によっては第三者機関によって行う必要があります。

 

コンクリート打設〜仕上げ
基礎の外周・内周に、ミキサー車から専用のパイプを通して、コンクリートを流し込んでいきます。バイブレータと呼ばれる機器を使い、基礎の隅々までコンクリートを充填させることが重要です。コンクリートは固まりやすいので、適切な時間内に作業を完了させることも求められます。硬化する時間は外気温によって変わるため、現場で専門知識を持った作業員が現場管理を行います。

工事現場をチェックするポイント

それでは基礎工事において、特に注目しておきたいポイントをご紹介します。基礎工事は日以上に重要な作業になるため、建築会社に任せきりにせず、自分の目でもしっかりチェックするようにしましょう。

 

地縄張りは図面通りか
地縄張りが終わったタイミングで、自分の目で図面と現場を比べてみましょう。建物の向きや形などが設計図に沿って作業されているかどうかを確認します。合わせて、地縄張りの線をもとに庭や駐車場などを含めた、家全体の様子もチェックしておきます。庭や駐車場を人が通る動線やガーデニングなどの配置のイメージも膨らみやすいはずです。

 

鉄筋の本数
鉄筋は基礎の耐久性に関わるため、念入りに確認します。図面通りに鉄筋が配されているか、丁寧に組まれているか、目立つサビや汚れはないかといった点を見ておくと安心です。

 

アンカーボルトの基準は守られているか

コンクリートを打設する前に、基礎と建物の土台を繋ぐ役割を担う、アンカーボルトが正しく設置されているかも確認しておきます。コンクリートを打設した後は修正ができないため、コンクリートを流し込む前に基礎の中心部分にまっすぐ組まれていることを確認してください。

ホームインスペクションを行うことも

自分の目でチェックするだけでは不安という方もいるでしょう。そうした場合は、基礎工事の施工を第三者に見てもらうホームインスペクションを行うことが可能です。基礎工事の一連の作業を、工程ごとに専門家がチェックしてくれるので、欠陥やミスを防ぐことができます。

大阪で40年以上家づくりに携わるしんやま工務店は、土地探しから基礎工事を含めた住宅建設を一貫してご依頼いただけます。当社は大阪市一帯の土地に精通しており、基礎工事の実績も十分です。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

2020.01.23

お気軽にお問い合わせください!

06-4303-5610

関連記事

COMPANY
しんやま工務店
〒536-0023 大阪府大阪市城東区東中浜1-4-14
TEL 06-4303-5610
FAX 06-4303-5632