しんやま工務店 SHINYAMAしんやま工務店 SHINYAMA

お気軽にお電話ください 簡単予約

ブログ

知っているようで知らない、高気密・高断熱の家のメリットとデメリットを解説

知っているようで知らない、高気密・高断熱の家のメリットとデメリットを解説

何度も建てたり、やり直しをしたりすることが難しい、家づくり。だからこそ、間取りやデザインはもちろん性能も追求し、後悔のない家を建てたいもの。ただ、住まいの性能はどう見極めればいいのか?ハウスメーカーや工務店のいう高気密・高断熱の家にはどんなメリットがあるのか?さらに、高気密・高断熱の家のデメリットとは何なのか?今回はそんな、知っておきたい高気密・高断熱の家について、わかりやすく解説いたします。

 

そもそも「高気密」とは?「高断熱」とは? そのメリットとは?

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり」(徒然草 第55段)にもあるように、吉田兼好も、夏の暑さが厳しく、湿気でムシムシする日本における家づくりは、夏を中心に考えよう、とアドバイスしています。ただ、「冬は、いかなる所にも住まる」とありますが、昔も今も寒い冬は辛いもの。特に、日本に多い木造在来工法(木造軸組工法)である以上、腕のいい大工さんたちが丁寧に建てたとしても、床、壁、天井、サッシにはわずかながらも隙間ができてしまいます。

 

昔の家には断熱材を使用する概念もなく、冬場は外の冷たい空気が家の中へと入りこみ、室内の暖かい空気は外へ出て行ってしまうため、どうしても冬は寒くなってしまうのです。これを防ぐために、防湿シートや断熱材、気密テープなどを用いて、できるだけ隙間をつくらないように建てられるのが、「高気密」住宅。密閉性の高い構造躯体によって、隙間のない住まいをつくります。

 

また、外の空気の温度自体も壁や窓を通して家の中に伝わってきます。断熱性能が不十分だと冬の寒さも夏の暑さもダイレクトに伝わります。そこで、外壁と内壁の間に断熱材を入れたり、断熱性能に優れた窓ガラスやサッシを施工したり、様々な工夫を施すことで外気温の影響を受けづらい住まいをつくります。

 

つまり、高気密・高断熱な家とは、密閉性が高く、断熱性も高い家であり、暖房や冷房で快適な室温にした空気が逃げにくい家。外気温の影響を受けにくい家のことです。少しのエネルギーで効率よく、家の中を冷やしたり暖めたりできるため、光熱費を抑えることができる省エネルギー住宅だとも言えるでしょう。大阪市内であれば、優れた断熱材を使用し、断熱サッシや複層ガラスを併用することで、エアコン1台で家中の冷房や暖房が可能だと言われています。

知っているようで知らない、高気密・高断熱の家のメリットとデメリットを解説

 

まだまだある高気密・高断熱住宅のメリット。あれこれ

寒い冬場に、あたたかいリビングから寒い玄関に行ったとき、冷えた脱衣室から急にあったかいお風呂に入ったときなど、急激な温度変化にさらされたときに血圧が急上昇、急降下して体に影響を及ぼし、脳梗塞や心筋梗塞などにつながる「ヒートショック」。部屋ごとの温度差が少ない高気密・高断熱の家だと、この「ヒートショック」を防ぐことができる。

 

また、室温と壁の表面温度が近くて均一だと、空気の対流による静電気が起きず、壁にホコリが付きにくいというメリットも。このように高気密・高断熱の家は、隙間風に悩まされることがなく、外気温の影響をうけづらく、空調効率のいい省エネ性能の高さや、ヒートショックを防ぐ健康的に過ごせるうえに、お掃除の頻度も少なくて済むなど、メリットがたくさん。ハウスメーカーや工務店が推してくる理由はそこにあります。

 

高気密・高断熱の家のデメリットとは?結露を防ぐには気密、断熱、換気のバランスが大切

それでは、高気密・高断熱の家のデメリットとは何でしょうか?

高気密・高断熱の家では、壁の中に断熱材を施工します。その際、柱と断熱材の間に隙間ができると、断熱材と柱の温度差によって結露が発生することがあります。この壁内結露は、カビの発生や建物の劣化が進む原因に。窓やサッシの結露も住まいにとって大敵。これを防ぐには、暖かい空気に含まれている湿気を換気で排出する必要があります。

 

2003年に施工された改正建築基準法で、住宅には24時間換気システムの設置が義務づけられました。ですが、気密性が高くなければ換気はうまくできず、窓の断熱性能が低いと、ガラスやサッシに結露が発生します。適切な湿度が保たれ、家の中に温度ムラがない環境が保ててこそ、結露やカビの抑制につながるため、気密性、断熱性、換気のバランスが重要になります。

 

また、南側に大きな窓がある日当たりのよい家などでは、窓から入る太陽の熱が室内にこもってしまうケースも。これは、ガラスを通った日射(光)が熱になって室内をあたためるためですが、断熱性の高い窓ガラスは熱を外へ逃さず、部屋の中に熱がこもってしまうのです。夏の暑さを防ぐには、日射を反射させる遮熱性能を備えた窓ガラスを選ぶなどの工夫が必要です。

知っているようで知らない、高気密・高断熱の家のメリットとデメリットを解説

 

まとめ

知っているようで知らない、高気密・高断熱の家のメリットとデメリットを解説

高気密・高断熱の家は、換気とのバランスを保つことができれば、夏でも涼しく、冬でも暖かく過ごせる、快適な住環境を実現することができます。また、家計にも地球環境にもやさしい省エネ性能を発揮すると共に、結露やカビの発生を抑制。結果、建物の耐久性能も向上するなどのメリットも。新築や、構造から見直す大規模なリフォームをご検討されている方は、ぜひ一度、ご検討ください。

2020.11.18

お気軽にお問い合わせください!

06-4303-5610

関連記事

COMPANY
しんやま工務店
〒536-0023 大阪府大阪市城東区東中浜1-4-14
TEL 06-4303-5610
FAX 06-4303-5632