しんやま工務店 SHINYAMAしんやま工務店 SHINYAMA

お気軽にお電話ください 簡単予約

ブログ

涼しい家にするための工夫とは? 簡単にできることからリフォーム・新築時の注意点まで。

近年、最高気温が35℃を超える猛暑日が増加しています。熱帯夜も連日のように続きますね。

暑い日や暑い夜が続くことで食欲がなくなり、体調を崩される方や、知らぬ間に熱中症にかかってしまうケースも。熱中症は最悪死に至ることもあるため、屋外で長時間過ごす際はもちろん、室内でも要注意です。こまめに水分を摂取したり、適度にエアコンを利用したりすることはとても重要で、近年の夏の過ごし方として常識だとも言えるでしょう。

とは言えエアコンに頼りっきりの暮らしではなく、なるべく涼しく過ごせるように習慣づけることや、家そのものをつくり変えることも重要です。

そこで今回は、猛暑に負けずに快適に過ごせる、涼しい家にするための工夫についてご紹介します。

 

家の中が暑くなってしまう原因や、涼しい家にするためのポイントなどを理解し、簡単にできることから、住まいの性能をまるごと見直すリフォームやリノベーション、新築をする際の注意点まで、様々な方法を考えます。

 

 

家の中にこもった空気をリフレッシュ! エアコンをつける前はいったん換気する。

 

 

エアコンをつけっぱなしにしているお宅の中には、窓を締め切ったままにしているお宅が多いのではないでしょうか。

確かに、エアコンでせっかく冷えた空気を、窓やドアを開けて逃がしてしまうのはもったいない、という感覚はありますね。

ですが、換気をしないと空気はこもったままとなり、陽当たりが良いと直射を浴び、室内に熱がこもってしまいます。

こもった熱はなかなか冷めないばかりか、陽が落ちても部屋の中は暑いまま、ということも。

外は涼しいのに家の中は暑い、というケースのほとんどが風通しの悪さが影響しています。

そこで、まずはエアコンをつける前にはいったん換気をすること、その後も、こまめに窓を開けて換気をすることをお勧めします。

窓は2ヶ所以上、できれば対角線上などできるだけ離れた場所にある窓を開けると効率的です。

換気は、ウイルスによる感染症を予防するうえでも効果がありますので、感染症を予防するためにも涼しい家にするためにも、こまめに換気をしてフレッシュな空気を採り入れましょう。

 

 

高い角度から届く夏の陽射しは、すだれ、よしず、緑のカーテンでブロック!

夏の陽射しは、高い角度から降り注ぐ厳しい直射です。

この直射を遮る工夫をしてみましょう。

太陽光を遮ることで室内の温度上昇を防ぐことが可能となります。

 

手軽に採り入れるものとしては、すだれや遮光カーテン、朝顔やヘチマやゴーヤなどを育ててつくる緑のカーテンなどがあります。

ホームセンターやネット通販などで手頃な価格で購入できるので、一般家庭でも挑戦しやすいでしょう。

また、五感で涼しさを感じて暑さを和らげる方法として、音色が爽やかな風鈴や風にそよぐモビールを吊るす、という方法も。

気化熱を利用する打ち水も効果があります。

午前中の涼しいうちに玄関のまわりに打ち水をすることで、室温の上昇を防ぐことが可能になりますし、夕方に行えば熱帯夜も少しは和らいで感じられます。

夏になると実施される商業施設や公共の施設などでミストシャワーも、ヒートアイランド対策です。

 

 

窓だけでも、壁や屋根ぜんぶもOK! 断熱リフォームに挑戦してみよう

性能や間取りから見直すことができるなら、暑さ対策のリフォームやリノベーションがおススメです。

断熱リフォームというと、寒い冬を暖かく過ごすためのリフォームをイメージしますが、暑い夏を快適に過ごせる涼しい家をつくるのも断熱が決め手なのです。

断熱リフォームには、窓だけを変える小規模なリフォームから、壁や屋根など大規模なリフォームまでさまざまな種類がありますので、予算によって選ぶことができます。

まとまった予算があるようでしたら、屋根に断熱シートを設置したり、先進の高性能断熱材を施工したりすることで、月々の光熱費が抑えられる省エネ住宅へとつくり変えることが可能です。

「夏になると2階では暑くて寝られない」「ロフトでは長時間過ごせない」という悩みも解決します。

もちろん、冬の寒さ対策にも効果的です。

 

 

断熱材は、種類も断熱方法もいろいろ。家計にやさしい断熱リフォーム

断熱リフォームを行うメリットの一つに、家計への負担が軽減するというメリットがあります。

目に見えて大きな変化が生じるのが、外壁や窓まわりのリフォームです。効果の高いリフォームをすることで冷暖房にともなう光熱費の節約につながります。

ただ、断熱リフォームと言っても様々な断熱材があり、断熱方法がありますので、工務店などの建築のプロに相談することをお勧めします。

現在のお住まいの断熱材も、経年変化にともない断熱材が劣化しているケースもありますので、

「エアコンが効きづらい」「熱帯夜が寝苦しい」「外から帰宅すると家の中がとても暑く感じる」のような気になることがあるようでしたら、一度プロに相談されることをお勧めいたします。

2021.08.25

お気軽にお問い合わせください!

06-4303-5610

関連記事

COMPANY
しんやま工務店
〒536-0023 大阪府大阪市城東区東中浜1-4-14
TEL 06-4303-5610
FAX 06-4303-5632